垢抜けアイテム[ハンティングトロフィー]を取り入れよう☆

MIHO Deer huntingtrophycredit

海外インテリアでよく見かける、ハンティングトロフィー(huntingtrophy)。

壁紙屋本舗さんの記事にも少し書きましたが、

こちらではDIYのパターンもご紹介されていますよ☆

→壁紙屋本舗さんのサイトへ

+++

ハンティングトロフィー(HuntingTrophy)とは、

元々は狩りをして得た獲物を、記念として飾ったもので、

首から上だけの剥製を飾っていたそうです。

MIHO Deer huntingtrophycredit

今、よく見かけるものでは、

「MIHO」のハンティングトロフィーが有名なのではないでしょうか☆

(通販はこちら。これは大きいサイズのもの☆↓)

+++

元々のハンティングトロフィーは剥製ですが、

インテリアで取り入れられているのは、自由な素材のものばかり!

今日はDIYできちゃいそうな、

おもしろ素材のハンティングトロフィーをご紹介します!☆

+++

huntingtrophy DIYcredit

まずはMIHOと同様、紙製のパーツを組み立てるタイプ。

MIHOと違って無地ですが、これもシンプルでいいですね♪

huntingtrophy DIYcredit

動物も、何も鹿だけとは限りません!

(いや、でも実際は狩りはできないよなーとか思ったり・・笑)

色合いといい、シルエットといい、ちょっとポップな雰囲気☆

huntingtrophy DIYcredit

紙製のものでも、こんなタイプもありますよ。

額縁と合わせて、少しシックにも見えるかも。

huntingtrophy DIYcredit

ちょっと変化球で、枝を使ったこんなものも。

これフラワーベースなんですね〜。

季節の植物を一緒に楽しめちゃいます♡

huntingtrophy DIY 木credit

枝物では、こんな風に数を置いても面白いですね。

huntingtrophy DIY LEGOcredit

続いてはLEGO!

子供部屋に置いたりしたら、可愛いだろうな〜♡

huntingtrophy DIY ニットcredit

最後はニット素材&虫!!

もはやハンティング関係ないのですが、笑

モチーフの毒っぽさとニットの暖かさのバランスが面白いです^^

+++

シンプルなおうちや、ちょっと遊びを取り入れたいとき、

色々飾るのは苦手・・・というときも。

一つ飾るだけでインパクト大!なハンティングトロフィー、とってもおすすめです☆

***

ランキングも参加中です☆↓

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへにほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク